気持ちがブルーになるうつ病の原因を把握【心の悩みプロ軍団】

レディ

外因性と内因性がある

うつ病の原因には外因性と内因性のものがあります。とくに内因性の場合、うつ病だけでなく双極性障害を発症している可能性があり、判断が難しいです。「うつ病かな」と思ったらまずは精神科・心療内科を受診されることをおすすめします。

Read More

悩む人

ストレス社会を生き抜こう

うつ病の原因となるストレスは、自分の求める方向とは違う方向に現状が進んでいくことによって生じます。ストレスに負けないためには、こうでなければならないという感情をあまり持たないようにすることが大事です。

Read More

カウンセリング

様々な要因が考えられます

うつ病を発症してしまう原因は人それぞれであり、適切な治療を行う必要がある精神疾患となっています。うつ状態になってしまった原因を判明させることが治療の近道であるため、多くの検査を行っている病院を選ぶのが良いでしょう。

Read More

ウーマン

減額制度を利用しましょう

うつ病の発症原因は人それぞれとなっており、治療のためには原因をはっきりとさせることが重要となっています。長期的な治療が求められる場合は治療費が高くなってしまいますが、自立支援医療制度を利用すれば費用を減額することができます。

Read More

うつの種類とその特徴

聴診器

分かりずらいうつもある

まず、一般的にうつ病と呼ばれ、多くの患者に当てはまるのが「メランコリー型」です。発症すると、気分が落ち込んだ状態が長く続き、食欲の減退や睡眠障害などが起こります。メランコリー型を発症しやすい人には、例えば几帳面で責任感が強い、常に周りに気を配っているなどの性格的な特徴が見られます。こういった性格の人はうつのせいで気力が湧かないことを自分の不真面目さと捉え、ますます自分を追い込んでしまいがちです。よって、周囲が休息を勧めたり、通院を促してあげたりすることがうつの早期発見と早期治療に役立ちます。メランコリー型の症状が慢性的な気分の落ち込みであるのに対し、「躁うつ型」の患者は気分の上下が激しく、明るく活動的な面を見せたかと思うと、突然ひどく気分が落ち込むといった様子が見られます。明るい状態を「躁」、落ち込んだ状態を「うつ」と呼び分けることが名前の由来です。このうつ病は躁の状態になると非常に行動力に溢れ、周囲が予測できない行動に出ることがあります。躁状態の患者がよく見せる行動は、例えば突然の高額な買い物です。そのせいで生活に支障が出ることを始めとするトラブルが起きることは珍しくありません。また、躁状態が激しいほどうつ状態も激しくなると言われています。このうつ病の原因は遺伝によるところが大きいとされていますが、やはり責任感が強い人が発症しやすいものの、明るく社交的な性格でうつを発症しそうになかった人が患者に多いとも言われています。メランコリー型と躁うつ病は典型的なうつ病の症状が現れるため、早期にうつを発見しやすいタイプです。しかし、うつ病の中にはなかなか判断が付きにくく、本人も気づかないうちに症状を悪化させてしまうタイプも存在します。それが「仮面うつ型」です。このうつ病は気分の落ち込みなどがあまり見られないかわりに、腹痛や頭痛、睡眠障害といった症状がよく見られます。そのため他の病気や単なる疲れを疑ってしまうことで、わずかなうつの症状を見落としてしまいます。仮面うつ型はメランコリー型に身体症状が加わった形と言えるので、発症しやすい人の特徴は共通です。身体に症状が現れる原因は、気力の出ない自分を責めてしまうことで溜まったストレスが身体にも影響するためだと言われています。うつ病は遺伝やストレス、環境などが原因で発症する病だとされていますが、実際にはまだはっきりと解明されていません。しかし、うつ病患者の脳内では情報を伝達する物質が減少していることが発見されたため、現在はそれがうつ病様々な症状の原因であるとされています。

Back to Top